次に、プッシュ通知用の証明書を作成します。プッシュ通知証明書は前項と同じく、ADEP メンバーセンターで作成するため、そのままの画面で作業をおこなってください。

目次

プッシュ通知用証明書の発行準備をおこなう

Apple Developer Enterprise Program(旧 iDEP)メンバーセンターで、プッシュ通知用の証明書を作成します。

手順1:プッシュ通知用証明書の発行準備をおこなう

1. 「Identifiers」の「App IDs」を選択し、先の手順で確認した「App ID」を選択します。App IDの詳細情報を表示中の画面下の「Edit」を選択します。

2. 「Services」の「Push Notifications」にチェックを付けた後、画面下の「Production SSL Certificate」を選択し、「Create Certificate…」を選択します。

CSR ファイルをアップロードする

手順2:CSR ファイルをアップロードする

1. 証明書発行に関する説明が表示されます。画面下の「Continue」を選択します。

2. 「Choose File…」から、ビルドウィザードでダウンロードした「CSR ファイル(プッシュ通知用)」を選択し、「Continue」を選択します。

プッシュ通知用証明書をダウンロードする

手順3:証明書をダウンロードする

1. しばらくすると、証明書の準備が完了した旨の説明が表示されます。作成した証明書の情報が表示されていますので、「Download」を選択し、証明書をダウンロードします。ダウンロードされた証明書が「プッシュ通知用証明書」です。

※証明書ファイル(プッシュ通知用):ios_production.cer

2. 証明書をダウンロードしたら、画面下の「Done」を選択し、画面を閉じます。

※引き続き、プロビジョニングプロファイルの作成手順に進みます。