前項の手順より、引き続きウィザードの作業をおこないます。次は、プッシュ通知用の CSR ファイルと秘密鍵を作成します。

目次

ウィザードからプッシュ通知用 CSR ファイルと秘密鍵を作成する

先の手順で CSR ファイルと秘密鍵を作成しましたが、以下の手順でも同様に CSR ファイルと秘密鍵を作成します。
ファイル名が同じものが作成されますので、ファイルを混同しないように保存するフォルダを分けるなどして、作成したファイルを保存してください。

手順:プッシュ通知用ファイルと秘密鍵をダウンロードする

1. 「ウィザードで作る」を選択し、「次へ」を選択します。

2. ビルド用証明書を発行するために必要な、CSR ファイルと秘密鍵を作成します。「Apple ID」と「コモンネーム」を入力した後、「次へ」を選択します。

Apple ID Apple Developer Enterprise Program(旧 iDEP)へ登録した際のメールアドレス
コモンネーム 「社名+ build」など半角英数 例:i3Systemsbuild

3. 作成した「CSR ファイル」と「秘密鍵」をダウンロードします。

※「プッシュ通知用証明書」などと命名したフォルダを新しく作成し、保管することをおすすめします。

CSR ファイル(プッシュ通知用) clomo_mdm_apn.certSigningRequest
秘密鍵(プッシュ通知用) clomo_mdm_apn.pem

4.「閉じる」を選択してダイアログを閉じます。