最後にデバイスを Apple のポータルサイトへ登録することで、デバイスが DEP デバイスとして認識されます。ただし、このステップは 代理店などから購入した DEP デバイスのみ設定が可能なものとなりますので、DEP デバイスとして登録されていないデバイスをご利用される場合は、この設定をおこなわず、セットアップ時に「DEP デバイスとして登録されていないデバイスを DEP 化する場合のセットアップ」手順をご参照ください。

目次

DEP デバイスを MDM サーバーに割り当てる

購入した DEP デバイス情報は Apple お客様番号や販売店 ID を通じて ABM に自動で登録されています。

※ 代理店などから DEP デバイスとして購入したデバイスの場合、デバイスを ABM に登録する前に、Apple お客様番号や販売店 ID を ABM へ追加しているかご確認ください。
  参考リンク:https://support.apple.com/ja-jp/guide/apple-business-manager/asmf500c0851/1/web/1
        https://support.apple.com/ja-jp/HT204401

DEP デバイスを MDM サーバーに割り当てる

個別デバイスに割り当てる

1. ABM 左メニュー「デバイス」を選択します。

2. 検索欄に「シリアル番号」を入力します。

3. デバイスを選択します。

4. 「MDMサーバを編集」を選択します。

5. MDM サーバーを選択します。

6. 「続ける」を選択します。

「サーバーの管理」画面に戻り、デバイス情報が「Apple Congigurator 2で追加したデバイス」項目から指定した「サーバー」へ移動していれば、割り当ては完了です。

複数デバイスに割り当てる

1. ABM 左メニュー「デバイス」を選択します。

2. 「すべてのデバイス」を選択します。

3. デバイス管理を編集の「編集」を選択します。

4. MDM サーバーを選択します。

5. 「続ける」を選択します。

「サーバーの管理」画面に戻り、デバイス情報が「Apple Congigurator 2で追加したデバイス」項目から指定した「サーバー」へ移動していれば、割り当ては完了です。

DEP デバイスの一覧を更新する

DEP デバイス情報は1日1回、日本時間の深夜に自動的に更新されますが、即時反映させたい場合、手動で更新することもできます。
更新が完了すると、Devices 画面の DEP デバイス一覧も反映されます。

DEP デバイス情報を手動で更新する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」にある「iOS/macOS」を選択し、表示される「基本設定」を選択します。

2. 「Device Enrollment Program」項目の「DEP デバイス情報」にある同期方法を選択します。

差分のみを取得する前回同期実行時との差分のみ同期をおこないます。
全件を取得する全体に対して同期をおこないます。

3. 「DEP デバイスの一覧を更新する」を選択することで、手動での DEP デバイス一覧情報の更新がおこなわれます。

DEP デバイスの情報を確認する

1. 「Devices」画面の一覧上で、「事前登録デバイス」としてDEP デバイスが表示されます。事前登録デバイスは、アイコン表示となります。

2. DEP デバイスの場合、デバイスの詳細情報の「DEP デバイス情報」に詳細が表示されます。

これで、DEP を利用する場合の初期設定は完了です。以降の手順について、DEP デバイスとして CLOMO 管理下に登録する手順は「DEP デバイスとして登録済の場合のセットアップ」でご案内していますが、その他にも便利な機能が「大量デバイスのキッティングを便利にする機能」に掲載していますので、そちらを確認後にご参照いただくようお願いします。