MDM Agent Enterprise for OS の年次更新作業は、まずビルド証明書と秘密鍵を作成し、CLOMO PANEL へアップロードします。 ビルド証明書と秘密鍵は、 ADEP メンバーセンターで作成します。

目次

アプリケーションビルド依頼ウィザードを起動する

アプリビルドのために用意されている「アプリケーションビルド依頼ウィザード」を使用して、各証明書書類の作成、アップロードをおこないます。

手順1:アプリケーションビルド依頼ウィザードを起動する

1. 「Settings」画面の「ユーティリティ」から、「アプリケーションビルド」を選択します。

2. 「CLOMO MDM Agent Enterprise for iOS」欄の「アプリの新規・更新ビルドを依頼する」を選択すると、ウィザードが起動します。

アプリケーションビルド依頼ウィザード操作手順

手順2:アプリケーションビルド依頼ウィザードでビルド用証明書を作成する

1. アプリケーションビルド依頼ウィザードが起動したら、「始める」を選択します。

2. 新しくビルド用証明書を発行する場合は、「ウィザードで作る」を選択し、「次へ」を選択します。

ビルド用証明書を更新済みで、ファイルを手元に保存している場合「ファイルをアップロードする」を選択し、「次へ」を選択して「ビルド用証明書をアップロードする」へ進んでください。
ビルド用証明書をアップロード済みの場合、「スキップ」を選択し、「ウィザードからプッシュ通知用 CSR ファイルと秘密鍵を作成する」へ進んでください。

3. ビルド用証明書を発行するために必要な、CSR ファイルと秘密鍵を作成します。「Apple ID」と「コモンネーム」を入力した後、「次へ」を選択します。

Apple ID Apple Developer Enterprise Program(旧 iDEP)へ登録した際のメールアドレス
コモンネーム 「社名+ build」など半角英数 例:i3Systemsbuild

4. 作成した「CSR ファイル」と「秘密鍵」をダウンロードします。

CSR ファイル(ビルド用) clomo_mdm_build.certSigningRequest
秘密鍵(ビルド用) clomo_mdm_build.pem

※「ビルド用証明書」などと命名したフォルダを新しく作成し、保管することをおすすめします。

5. 「閉じる」を選択してダイアログを閉じます。

※引き続き、Apple Developer Enterprise Program(旧 iDEP)メンバーセンターでの作業をおこないます。

ADEP メンバーセンターへログインする

Apple Developer Enterprise Program(旧 iDEP)メンバーセンターで、Apple ID を作成します。

Apple Developer Enterprise Program(旧 iDEP)メンバーセンターで作業をおこなう際は、Safari 以外のブラウザの場合正しく動作しない場合があるため、必ず Safari で作業をおこなってください。

手順3:ADEP メンバーセンターへログインする

1. ブラウザを起動し、Apple 社の Developer サイト(https://developer.apple.com/programs/enterprise/jp/)へアクセスし、「アカウント」を選択するか、もしくは直接 Apple Developer Enterprise Program(旧 iDEP)メンバーセンターのログイン URL(https://developer.apple.com/membercenter/)へアクセスします。

2. ログイン画面にて、Apple Developer Enterprise Program(旧 iDEP)契約をおこなった「Apple ID」と「パスワード」を入力し、「Sign in」を選択します。

3. メンバーセンターのトップ画面から、「Certificates,Identifiers & Profiles」を選択します。

4. 画面左の「Certificates」を選択します。

発行済みの配布用証明書を確認する

手順4:発行済みのビルド用証明書を確認する

1. 「Certificates」の「All」を選択します。すでに登録済みのビルド用証明書が表示されていることを確認し、画面右上の「+」を選択します。

下記画面のように、すでに「Type-iOS Distribution」の証明書が2枚発行されている場合は、新たに3枚目のビルド用証明書を作成できないため、更新作業がおこなえません。作業を中断し、有効期限(Expires)と発行者に証明書の利用状況を確認した後、どちらかの証明書を失効させることが必要です。

配布用証明書の CSR ファイルと秘密鍵をダウンロードする

手順5:ビルド用証明書のファイルと秘密鍵をダウンロードする

1. 「Distribution」の「In-House and Ad Hoc」を選択し、「Continue」を選択します。

「Distribution」の「In-House and Ad Hoc」が選択できない場合、すでにビルド用証明書が2枚発行済みの状態となります。その場合、作業を中断し、有効期限(Expires)と発行者に証明書の利用状況を確認した後、どちらかの証明書を失効させることが必要です。

2. 証明書発行に関する説明が表示されます。「Continue」を選択します。

3. 「Choose File…」から、先の手順でダウンロードしたビルド用証明書の CSR ファイルを選択し、アップロードした後、「Generate」を選択します。

4. 「Generate」を選択すると、作成した証明書の情報が表示されます。「Download」を選択し、証明書をダウンロードします。ダウンロードされた証明書が「ビルド用証明書」です。

※証明書ファイル(ビルド用):ios_distribution.cer

5. 証明書をダウンロードしたら「Done」を選択して画面を閉じます。

「ビルド用証明書」は、先の手順で作成した CSR ファイルと合わせて作成した、「秘密鍵」とセットでなければ利用することができません。必ず今回の手順でダウンロードした「ビルド用証明書」と「秘密鍵」をセットで保存してください。

ビルド用証明書をアップロードする(秘密鍵と証明書)

CLOMO PANEL より、再度「アプリケーションビルド依頼ウィザード」を起動します。Apple Developer Enterprise Program(旧 iDEP)メンバーセンターで作成した「秘密鍵(.pem 形式)」と「ビルド証明書(.cer 形式)」をウィザードへアップロードします。再起動した場合、以下の通り「STEP 3は完了しましたか?」という表示からの起動となります。

手順6:ビルド用証明書と秘密鍵をアップロードする

ビルド用証明書と秘密鍵をお持ちの場合

1. 「続きから始める」を選択し、「次へ」を選択します。

2. 「証明書と秘密鍵を個別にアップロード」を選択し、作成した「秘密鍵(.pem 形式)」と「ビルド証明書(.cer 形式)」の各ファイルを選択し、「次へ」を選択します。

3. ウィザードは閉じずに、次の手順へ進んでください。

ビルド用証明書(PKC 12ファイル)をお持ちの場合

1. 「続きから始める」を選択し、「次へ」を選択します。

2. 「PKC 12ファイルとしてアップロード」を選択し、お持ちの PKC 12ファイルを選択したら「次へ」を選択します。

すでに作成しているビルド用証明書が、PKC 12ファイル形式の場合にご利用ください。

3. ウィザードは閉じずに、次の手順へ進んでください。