iOS では、CLOMO での基本的な機能をほぼすべて利用することが可能ですが、利用されるモードによって若干の違いが生じます。特に、「監視対象モード」となっているか否かで、設定できる機能が大きく変わってきます。

監視対象モード

監視対象モードは、iOS により強いポリシーを適用できるモードです。「監視対象」「監視モード」「Supervised Mode」などとも呼ばれています。

監視対象モードにすることで、以下の機能を利用することが可能です。

監視対象モードでできること

より強いポリシーの適用

iOS では「構成プロファイル」というポリシーを内包したものをデバイスに適用することで、そのデバイスに制限を行ったり、設定値を適用したりしますが、そのポリシーの一部は「監視対象モード」でないと設定できません。

Apple Configurator 2 で作成する構成プロファイルだけでなく、CLOMO で作成する「制限設定プロファイル」も同様に(監視対象のみ)となっているポリシーがあり、そのポリシーを適用させるにはデバイスが監視対象モードであることが必須です。例えば、以下の項目は監視対象モードでのみ設定可能なポリシーとなります。

  • iMessage を許可
  • Apple Music を許可
  • App Store からの App のインストールを許可
  • App の自動ダウンロードを許可
  • App の削除を許可
  • パスコードの変更を許可
  • Apple Configurator 以外のホスト PC とのペアリングを許可
  • ソフトウェア・アップデート遅延
  • App の使用を制限

アプリケーションのサイレントインストール

管理者がアプリケーションをインストールさせる場合、通常は「アプリケーションのインストール通知」をおこなった後に、デバイスでインストールするか否かのダイアログが表示されるため、ユーザーの操作が必要です。しかし、監視対象モードであれば、デバイス側にインストールの要求ダイアログを表示させずにインストールが可能となります。

ただし、Apple ID のパスワード入力が要求されるため、完全にサイレントインストールを行うためには VPP の利用も必要です。

紛失モードが利用可能

紛失モードは、デバイスを紛失したときにデバイス側から解除不可能なロックを行い、画面上にメッセージを表示させたり、指定した電話番号への発信のみ可能としたりできる機能です。紛失中のデバイスは、位置情報サービスがオフになっていても位置情報を取得でき、MDM が通信可能となったタイミングで管理パネルに情報が送られます。
この紛失モードの設定をおこなうためには、監視対象モードであることが必須となります。

CLOMO では、iOS を監視対象モードにすることを推奨しています。また、監視対象モード以外のモードや機能を併用すると、更に便利な機能もありますので、以下にご紹介します。

Device Enrollment Program

Device Enrollment Program (以下、DEP)は、Apple 社が提供する企業向けの iOS 導入支援サービスです。DEP を利用すれば、MDM への登録を自動化し、デバイスの初期設定を簡単に済ませることができます。

例えば、DEP を利用しない場合、購入したデバイスを開封後にアクティベーションを行い、MDM 構成プロファイルをインストールし、デバイスごとに設定をおこなった上でユーザーに配布することになりますが、DEP を利用すれば、購入したデバイスをそのままユーザーに配布し電源を入れるだけで済みます。

また、以下の点も DEP のメリットとなります。

  • MDM 構成プロファイルを削除不可能にできる
  • 初期化しても、アクティベーション時に強制的に CLOMO MDM がインストールされるため、CLOMO MDM 管理下から外すことを不可能にできる
  • デバイスのアクティベーション画面での各種設定を任意の項目のみにできる
  • 監視対象モードにも簡単にできる

Volume Purchase Program

iOS 9 以前で有料のアプリケーションを App Store のアプリケーションを購入・配布する場合には、デバイスに Apple ID を設定し、その ID でアプリを購入してインストールすることが必要でした。

しかしながら、Volume Purchase Program (以下、VPP)は、デバイスに Apple ID が割り当てられていなくても、管理されているデバイスに対し、一括で購入したアプリケーションを Apple ID なしで配布することが可能です。

更に、対象のデバイスが監視対象モードであれば、ユーザーがデバイスで操作することなく、アプリケーションの完全なサイレントインストールも可能になります。

Apple School Manager

Apple School Manager (以下、ASM)は、iOS デバイスを教育機関向けに導入し、管理・運用する場合に活用できるサービスです。DEP と VPP の機能を網羅しつつ、一台の iPad に対し複数ユーザのログインを可能とした「Shared iPad」、授業の進行をアシストする「クラスルームアプリケーション」がご利用できます。

その他できること(使い方)

「5. 基本的な使い方」「6. さらに進んだ使い方」の中で、iOS で利用可能な機能をご紹介します。

おすすめ設定手順

CLOMO サポートサイトは、すべての OS・機能を網羅しています。
その中で DEP、監視対象モードのおすすめ設定手順のみを抜粋したものを下記ページ紹介していますので、ぜひご確認ください。