Android Enterprise の申し込みが完了すると、Android のプロファイル一覧に「Android Enterprise 初期設定」が表示されます。この「Android Enterprise 初期設定」プロファイルを作成し、予約デバイスなどに設定しておくことで、キッティング時にデバイスが Android Enterprise 化されます。

Google アカウント方式の場合、ゼロタッチプロビジョニングが利用できません。また、利用できるモードは DeviceOwner モードのみとなりますので、ここではその作成方法と、自動適用プロファイルの設定方法についてご説明します。

目次

Android Enterprise 初期設定を作成する

Android Enterprise の初期設定は、CLOMO PANEL の Settings 画面で作成します。

1. 「Mobile Device Management」から「Android」を選択します。

2. 「Android Enterprise 初期設定」の「新規管理プロファイルを作成」を選択します。

3. 「Android Enterprise 初期設定登録」画面が表示されるので、以下の内容を確認の上「追加」を選択します。

システムアプリケーションデバイスにプリインストールされているすべてのシステムアプリケーションを、有効にするか無効にするかを設定します。
デバイス改ざんの検知デバイスが不正に改ざんされていないか検知し、検知した場合は CLOMO 管理下に登録できないように設定します。
また、改ざんされているかどうかだけでなく、改ざんされる危険があるデバイスについても検知するかどうか、検証レベルを設定できます。
専用端末化(Dedicated モード無効にする
仕事領域、個人領域に分割(COMP モード分割しない
ゼロタッチプロファイル設定しない

Android Enterprise 初期設定を自動適用に設定する

Android Enterprise 初期設定を一番簡単に設定する方法として、自動適用プロファイルに設定することを推奨しています。全社の自動適用プロファイルに設定すれば、その管理下に登録されたデバイスすべての適用させることが可能になり、組織の自動適用プロファイルに設定すれば、その組織に属するデバイスのみ適用させることも可能です。また、事前登録デバイスには手動で適用することもできます。

Android Enterprise 初期設定は、MDM Agent for Android のプロビジョニング時のみ適用されます。仮に稼働中のデバイスに適用した場合でも、そのデバイスが初期化され、CLOMO 管理下へ登録されるまで適用されませんのでご注意ください。

Android Enterprise 初期設定を全社に設定する

1. 「Settings」画面の「Mobile Device Management」から、「Android」→「基本設定」を選択します。

2. 「自動適用プロファイル」欄の「Android Enterprise 初期設定」で「設定する」にチェックを付け、作成した Android Enterprise 設定を選択します。

3. 「保存」を選択します。

Android Enterprise 初期設定を組織に設定する

1. 「Devices」画面の「組織構成」から、設定したい組織を選択します。

2. 「この組織への自動適用プロファイル操作」の「設定する」にチェックを付けます。

3. 設定する Android Enterprise 初期設定を選択します。

4. 「実行」を選択します。

Android Enterprise 初期設定を個別に設定する

1. 「Devices」を選択します。

2. 「事前登録デバイス」を選択します。

3. デバイス情報下の「コマンドを選択してください」から、「Android Enterprise 初期設定の割り当て・解除」を選択します。

4. 割り当てる Android Enterprise 初期設定を選択します。

5. 「実行」を選択して完了します。

これで、Android の初期設定は完了です。他の OS も利用する場合はその初期設定ページを確認してください。
すべての初期設定が完了したら、次に大量デバイスのキッティングを便利にする機能を確認しましょう。

Android Enterprise の設定を解除する場合の注意点

Google アカウント方式で Android Enterprise の初期設定をおこなった環境で、その設定を解除したい場合(CLOMO MDM での Android Enterprise の利用を取りやめる場合)は、以下の手順をおこなってください。

1. Google Admin コンソールで「セキュリティ」を選択します。

2. セキュリティの設定一覧から「Android 向けの EMM プロバイダの設定」を選択します。

3. 「全般設定」の「Android 端末で企業向けモバイル管理(EMM)のポリシーを適用します」のチェックを外してください。

手順 1〜3 をおこなわない場合、G Suite ドメイン下の Google アカウントを Android に登録する際に「MDM の管理下である必要があります」という旨のメッセージが表示され、登録できなくなります。

4. 手順1〜3を実施後、CLOMO PANEL にて「Settings」画面を選択します。

5. 「Mobile Device Management」から「Android」の「基本設定」を選択します。

6. 「Google Play アカウント方式で設定済み」の下にある「Android Enterprise 設定ウィザードを起動する」を選択します。

7.「Android Enterprise 設定ウィザード」起動画面の「次へ」を選択します。

8. Android Enterprise 設定の解除の確認画面の「OK」を選択します。

9. 「Android Enterprise 設定ウィザード」画面の「閉じる」を選択します。

10. 「Android Enterprise 設定」項目が「未設定」に切り替われば Android Enterprise 設定の解除は完了です。